作成者別アーカイブ: b4CRZaGY

うらやましくもありますが…

うらやましくもありますが…
友人の一人が先日、マンションを購入しました。
購入したのは10階にある一室なので、マンションの最上階です。
大きな街ではないのですが、その県は山が少なく平野が広く広がっているので、天気の良い日には有名な建物が部屋から見えたりします。
まだ、マイホームを購入する計画すら進んでいない私としてはうらやましい限りです。
ですが、うらやましいだけではありません。
最上階は不便だと感じさせられるからです。
地上では車が走り、人の往来がありと落ち着きがありません。
対して、最上階はそのような喧騒とはほとんど無縁の生活になります。
ですが、それは地上に行くのが大変であるということも意味しています。
一度訪問させてもらったのですが、やはり遠いです。
エレベーターはあっても時間がかかります。
朝の忙しい時間帯はイライラさせられそうだなと思わされました。
災害時もちょっと怖い気がします。
社会人になって以来、メタボに拍車がかかってきた友人はエレベーターを使わずに無事脱出できるのだろうかと心配になります。
何かを得るためには、何かを捨てなければならない典型のように思わされました。

リフォームするか建て替えするか迷ったら

リフォームするか建て替えするか迷ったら
住まいが傷んで来たらリフォームするか建て替えするか悩まれる方は多いのではないでしょうか。
リフォームのほうが費用は安く済みますが、建物が古い場合はまたすぐにリフォームが必要になり、結局建て替えするのとあまり変わらないことがあります。
リフォームするときの費用に目が行きがちですが、長期的な目線が必要です。
そんなときは建物診断を行っているリフォーム会社にご依頼してはいかがでしょう。
建物診断では一級建築士がリフォーム会社の利益に囚われず、第三者の目線で建物をしっかりチェックし、必要な工事と不要な工事を判断しています。
リフォーム業者によっては不要な工事までされてしまう恐れがありますが、建物診断を事前に行ってもらえば安心して依頼することが出来ます。
早くリフォームしたほうが良い個所、後回しにしても大丈夫な個所もはっきり分かります。
予算が足りないときは一気にリフォームするのではなく早くリフォームしたほうが良い個所をまず工事しておくと言う方法があります。

集合住宅と一戸建てのメリット

私は今現在は一戸建てに住んでいるのですが、ここに引っ越してくる以前はアパートやマンションに住んでいました。
一人暮らしを始めて最初にアパートに住み、その後結婚をして家族を持った時にマンションに移り、その後今現在の一戸建てへと引っ越してきたのです。

そのため集合住宅と一戸建てそれぞれのメリットデメリットなどは、自分の身を持って経験しています。
例えば集合住宅のメリットというとまず思いつくのが、防犯面での安全性です。

一戸建てと違い周囲に常に人の目があるため、夜でも寂しいと感じることはありませんでした。
ただこの防犯面というのはその集合住宅によって差があり、けっして一概に安全性が高いとは言えません。

そして一戸建てのメリットというと、一番大きなものは両隣や上下の階に気を使うことがないということです。
これはいくらしっかりとした壁の厚い集合住宅であっても多少は周囲に気を使わなくてはならないので、私が一戸建てに引っ越してきた時にはこのメリットがとてもありがたく感じました。

階下への気遣いや隣近所への音の配慮などを以前ほど考えなくても良いということが、何よりも魅力でした。
そうして私自身は集合住宅と一戸建てなら、一戸建てのメリットのほうが魅力かなと今では思っています。

マンションの環境について

我が家はマンションですが、購入当時に比べて年々価値が下がっています。
よくマンションのポストには売却者求むというような折込チラシが入っています。

やはり駅から近く、便利な場所なのでこのマンションに入居したいと思う人が多いのだと思います。
うちは売るつもりはしていませんが、やはり売却している人もいるようで入居者の入れ替わりは結構あります。

ペットも入居可のマンションですが、共用部に関しては抱っこしてくださいのような決まりごとがあります。
しかし、大型犬を飼っている人などは、普通に歩かせています。

仕方ないのかなと思いますが、マンションの管理会社もそのような事があることを考えていなかったのかな?と思う節もあります。
他にもロビーを公園がわりに使用する子供たちがいたり、共用部に平気でゴミを捨てている人がいたり、マンションの居住者のマナーが悪いことにとても驚きます。

こういったことを考えると一軒家のほうが良かったなと感じてしまいます。
みんなで協力して、居住環境を良くしていきたいと感じます。

また、同じマンションに住んでいても顔を見たことがないというような人もたくさんいますので、交流会なども行えれば良いのになと思います。

マンションとアパートの住み心地

初めて賃貸住宅に住んだのは、結婚してからでした。
新婚生活のスタートにはちょっぴり贅沢な10階建のマンションでした。

しかも最上階。
東京都内だったため、セキュリティや騒音を考慮して選んだ物件でした。

築年数は40年ほどたっていたので、リフォームされているとはいえ、住んでいると細かいところに不満もありました。
例えば、洗面台がホワイトではなく、クリーム色だったこと。

ちょっとした色の違いなんだけど、クリーム色というだけで、ちょっぴり古臭い感じがしてしまい、非常に気に食わなかったんです。
あとは、システムキッチンだったのですが、備え付けのオーブンレンジがさびまくっていたこと。

さらに、冬は寒かった思い出がありました。
でもアパートに住んでいた友人からは、マンションの方が断然あったかいと言われ、その時は半信半疑でしたが今はその通りだと思います。

というのは、旦那の転職により、地方に引越して、現在2階建てのアパートに住んでいるんです。
マンションに住んでた頃は、アパートとマンションに違いがあるとは思えなかったけど、住み心地が全く違います。

マンションと違い、アパートはとにかく音が響きます。
隣の人、1階の人の動きが分かるほどに。

さらに作りが弱いのか、トラックが近くを通り過ぎただけで、揺れます!強風でも、揺れます!そして、何と言っても、隙間風が半端ないので、冬は激寒です。
色々と不満があった前のマンションのよさをしみじみと感じる今日この頃です。