ツギハギだらけの実家の今後

ツギハギだらけの実家の今後
私の実家が建てられたのは、今から60年も前のことだそうです。
一度、母親が嫁いで来た時にリフォームを行ったそうですが、それでももう40年近くの時間が経過しています。
それだけ古い家だと当たり前のようにあちこちにガタがきていて、ここ数年は細かい修繕の繰り返し。
トイレは汲み取り式のくせにお風呂はホテルのようにピカピカだったり、台所ははすきま風が吹くのにシステムキッチンになっていたりと、帰省の度に家が少しずつ変貌を遂げているのはそれはそれで面白いのですがツギハギだらけで困っています。
実家の両親も定年を過ぎ、だんだん歳を取ってきました。
それに伴い、離れて暮らしている私も実家の今後について考える機会が増えてきています。
今後もこのまま修繕を繰り返していくのか、それとも建て替えるべきなのか、そもそも税金をどうやって払っていくのか…。
実家には両親の他に兄が暮らしているので昔はあまり気に留めていませんでしたが、やはり家族として色々なことを相談するべきだなと感じています。