ツギハギだらけの実家の今後

ツギハギだらけの実家の今後
私の実家が建てられたのは、今から60年も前のことだそうです。
一度、母親が嫁いで来た時にリフォームを行ったそうですが、それでももう40年近くの時間が経過しています。
それだけ古い家だと当たり前のようにあちこちにガタがきていて、ここ数年は細かい修繕の繰り返し。
トイレは汲み取り式のくせにお風呂はホテルのようにピカピカだったり、台所ははすきま風が吹くのにシステムキッチンになっていたりと、帰省の度に家が少しずつ変貌を遂げているのはそれはそれで面白いのですがツギハギだらけで困っています。
実家の両親も定年を過ぎ、だんだん歳を取ってきました。
それに伴い、離れて暮らしている私も実家の今後について考える機会が増えてきています。
今後もこのまま修繕を繰り返していくのか、それとも建て替えるべきなのか、そもそも税金をどうやって払っていくのか…。
実家には両親の他に兄が暮らしているので昔はあまり気に留めていませんでしたが、やはり家族として色々なことを相談するべきだなと感じています。

うらやましくもありますが…

うらやましくもありますが…
友人の一人が先日、マンションを購入しました。
購入したのは10階にある一室なので、マンションの最上階です。
大きな街ではないのですが、その県は山が少なく平野が広く広がっているので、天気の良い日には有名な建物が部屋から見えたりします。
まだ、マイホームを購入する計画すら進んでいない私としてはうらやましい限りです。
ですが、うらやましいだけではありません。
最上階は不便だと感じさせられるからです。
地上では車が走り、人の往来がありと落ち着きがありません。
対して、最上階はそのような喧騒とはほとんど無縁の生活になります。
ですが、それは地上に行くのが大変であるということも意味しています。
一度訪問させてもらったのですが、やはり遠いです。
エレベーターはあっても時間がかかります。
朝の忙しい時間帯はイライラさせられそうだなと思わされました。
災害時もちょっと怖い気がします。
社会人になって以来、メタボに拍車がかかってきた友人はエレベーターを使わずに無事脱出できるのだろうかと心配になります。
何かを得るためには、何かを捨てなければならない典型のように思わされました。

リフォームするか建て替えするか迷ったら

リフォームするか建て替えするか迷ったら
住まいが傷んで来たらリフォームするか建て替えするか悩まれる方は多いのではないでしょうか。
リフォームのほうが費用は安く済みますが、建物が古い場合はまたすぐにリフォームが必要になり、結局建て替えするのとあまり変わらないことがあります。
リフォームするときの費用に目が行きがちですが、長期的な目線が必要です。
そんなときは建物診断を行っているリフォーム会社にご依頼してはいかがでしょう。
建物診断では一級建築士がリフォーム会社の利益に囚われず、第三者の目線で建物をしっかりチェックし、必要な工事と不要な工事を判断しています。
リフォーム業者によっては不要な工事までされてしまう恐れがありますが、建物診断を事前に行ってもらえば安心して依頼することが出来ます。
早くリフォームしたほうが良い個所、後回しにしても大丈夫な個所もはっきり分かります。
予算が足りないときは一気にリフォームするのではなく早くリフォームしたほうが良い個所をまず工事しておくと言う方法があります。

マンション内覧会は楽しいですね

マンション内覧会は楽しいですね
マンションを購入しようかと思い、今色々なマンションの内覧会を巡っています。
モデルハウスや実際に完成した建物を見ていますが、それが実に楽しいですね。
楽しいだけでなくお得な事もあるので、最近は休みのたびにマンションめぐりをしちゃっています。
楽しい部分は、やっぱり色々な部屋の作りが見れる事ですね。
部屋を見て色々と想像を膨らませることができます。
リビングにはどんなソファーが似合うかな、ダイニングにはどんなテーブルが似合うかな、寝室にはどんなベッドが似合うかなと部屋をみるたび違うタイプの家具が頭に浮かんでくるのです。
実際にそのマンションを見て見ないと、こういうイメージってなかなかできませんから、現場に行ってみると言うのは大切な事ですね。
そしてお得な事ですが、マンションを見にいくだけで何かノベルティーをもらえることもあるのです。
見るだけでお得をするのですから、実際にマンションを探している人はどんどん行ってみるべきだなと思います。

集合住宅と一戸建てのメリット

私は今現在は一戸建てに住んでいるのですが、ここに引っ越してくる以前はアパートやマンションに住んでいました。
一人暮らしを始めて最初にアパートに住み、その後結婚をして家族を持った時にマンションに移り、その後今現在の一戸建てへと引っ越してきたのです。

そのため集合住宅と一戸建てそれぞれのメリットデメリットなどは、自分の身を持って経験しています。
例えば集合住宅のメリットというとまず思いつくのが、防犯面での安全性です。

一戸建てと違い周囲に常に人の目があるため、夜でも寂しいと感じることはありませんでした。
ただこの防犯面というのはその集合住宅によって差があり、けっして一概に安全性が高いとは言えません。

そして一戸建てのメリットというと、一番大きなものは両隣や上下の階に気を使うことがないということです。
これはいくらしっかりとした壁の厚い集合住宅であっても多少は周囲に気を使わなくてはならないので、私が一戸建てに引っ越してきた時にはこのメリットがとてもありがたく感じました。

階下への気遣いや隣近所への音の配慮などを以前ほど考えなくても良いということが、何よりも魅力でした。
そうして私自身は集合住宅と一戸建てなら、一戸建てのメリットのほうが魅力かなと今では思っています。