おすすめ投稿

マンションの一括査定とは

14052810021
賢く利用して自分が所有しているマンションの市場価値を出来るだけ正確にすることができるサービスと言えば、ネットでおなじみの一括見積もりサイト
最近では何でもネットで一括見積もりを取れるようになりましたが、マンションなどの不動産の査定も、ネットで一括見積依頼をすることができます。

通常の場合なら、不動産業者にマンションの売却相談をし、最初のプロセスとしてプロの査定を受けるという流れになるはず。
しかし、1社からしか見積もりを取らないと、その見積額が正当な金額かどうかを知ることができません。

もしかしたら実際の市場価値よりも何百万も損をしている金額という可能性もあるのです。
ネットでの一括査定を受ければ、複数の業者から見積もりを取ってもらうことができるため、実際のマンションの市場価値を出来るだけ正確に知ることができます。

方法もとても簡単で、ネットで建物の住所や特徴などを入力するだけ。
そのエリアを管轄している不動産業者からすぐに連絡が来て、査定のアポを取ることができます。

ここで注意したい点もあります。
いくら査定額が気に入ってその不動産に売却の依頼をしても、実際にその価格で売却できるかと言えば、完全に別問題です。

市場価格の範囲に入っていて、不動産業者が適切な販促活動をしてくれれば、多くの場合には数か月以内に売却できることが多いのですが、業者選びを間違ってしまうと、いつまでたってもまったく売れないなんて悲劇にもなりかねません。
業者を選ぶ際には、査定だけを行うのではなく、責任もって売却までをサポートしてくれる業者を選ぶと良いでしょう。
こちらで探すことができます。
[マンション査定相場と価格を調べて高く売るなら]

信頼できるかできないかの目安としては、レインズなどへ登録している業者かどうかをチェックすることもおすすめです。

マンションは分譲派?賃貸派?

マンションは分譲派?賃貸派?
憧れのマンション暮らし、一言でマンション暮らしと言っても色々なマンションがあります。
その中でも選択をするときに迷うのが、分譲マンションと賃貸マンションです。
分譲マンションは購入をするマンションの事であり、賃貸マンションは毎月家賃を支払うマンションの事です。
マンションを購入する、マンションを借りる、この違いが出てくるのですが、どちらにもメリットがあるので、どちらを選ぶか迷ってしまいますね。
購入した場合には家賃を支払わず、ローンと言う形で毎月お金を支払いますが、最終的にマンションが自分のものになります。
これは大きいですよね。
支払いが終わったら、もうお金を払わなくて良いのですから。
一方で賃貸マンションは毎月家賃を支払うので、終わりがなくいつまでたっても家賃を支払い続けることになります。
でも、その分いつでも好きな時に引越しをすることができるのです。
この違いは分譲マンションと賃貸マンションにあるので、悩むのですね。

マンションに入る前に調べておけば良かった場所。

マンションに入る前に調べておけば良かった場所。
今のマンションに住んで何年か経ちますが、入ったばかりの頃にココはチェックして置くべきだったかなと思う場所があります。
それは台所の水回りです。
その時は水が出ない状態だったので調べたり出来なかったんですが、入居して使うようになったらかなり匂いがするようになりました。
マンションは気密性が高めに作られているので匂いが充満します。
色々と考えて使っても匂いが無くならないので排水溝なんかをゴソゴソやっていたら水が漏れていました。
管理人さんに言ったら全部直すって事でやって貰えましたが、一か月ぐらいそんな感じだったのでちょっと後悔してました。
使わないで置くと劣化したりする場合もあるみたいなので、それとなく聞いたりしていた方が良いでしょう。
専門家さんみたいに厳密には分かりませんが、しないよりはましだと思います。
現に私が経験したのは素人でも分かるぐらい酷い状態でした。
トイレとかでなくてまだ良かったかなと思っていますが、水回りは生活に直結するので外せないポイントです。
少し古いマンションとかだとそういう事もあるので、現地に行って部屋を見たりするのは外せません。
基本ですが。

ツギハギだらけの実家の今後

ツギハギだらけの実家の今後
私の実家が建てられたのは、今から60年も前のことだそうです。
一度、母親が嫁いで来た時にリフォームを行ったそうですが、それでももう40年近くの時間が経過しています。
それだけ古い家だと当たり前のようにあちこちにガタがきていて、ここ数年は細かい修繕の繰り返し。
トイレは汲み取り式のくせにお風呂はホテルのようにピカピカだったり、台所ははすきま風が吹くのにシステムキッチンになっていたりと、帰省の度に家が少しずつ変貌を遂げているのはそれはそれで面白いのですがツギハギだらけで困っています。
実家の両親も定年を過ぎ、だんだん歳を取ってきました。
それに伴い、離れて暮らしている私も実家の今後について考える機会が増えてきています。
今後もこのまま修繕を繰り返していくのか、それとも建て替えるべきなのか、そもそも税金をどうやって払っていくのか…。
実家には両親の他に兄が暮らしているので昔はあまり気に留めていませんでしたが、やはり家族として色々なことを相談するべきだなと感じています。

うらやましくもありますが…

うらやましくもありますが…
友人の一人が先日、マンションを購入しました。
購入したのは10階にある一室なので、マンションの最上階です。
大きな街ではないのですが、その県は山が少なく平野が広く広がっているので、天気の良い日には有名な建物が部屋から見えたりします。
まだ、マイホームを購入する計画すら進んでいない私としてはうらやましい限りです。
ですが、うらやましいだけではありません。
最上階は不便だと感じさせられるからです。
地上では車が走り、人の往来がありと落ち着きがありません。
対して、最上階はそのような喧騒とはほとんど無縁の生活になります。
ですが、それは地上に行くのが大変であるということも意味しています。
一度訪問させてもらったのですが、やはり遠いです。
エレベーターはあっても時間がかかります。
朝の忙しい時間帯はイライラさせられそうだなと思わされました。
災害時もちょっと怖い気がします。
社会人になって以来、メタボに拍車がかかってきた友人はエレベーターを使わずに無事脱出できるのだろうかと心配になります。
何かを得るためには、何かを捨てなければならない典型のように思わされました。